気にしすぎかもしれないけど、
なんか言ってること違うとか、会社にしっぽまいちゃ説得力が無いとか、
嘘つきとか言われて聞き捨てならないので説明補足します。

僕の説明の仕方が悪かったという事かな。


さっきの記事で
「胸張れないのな」
って言ったのは
間違いなく僕に否があるからです。


「胸張って打て」の記事でも書いたけど、

胸張って打てるためには、


やるべきことをちゃんとやっている事


っていうのが条件です。


これ一番大事なことです。


仕事はちゃんとやるべきなんです。
まぁ確かに、そのために仕事を早く進めてるならいいじゃないとは思いますけどね。


コメントでも全く同じ事書きましたが、とりわけ今回は
「特定日」に休んでいるというのが結構マズイ。

毎月1日に有休でTDLに行ってるとかでも印象悪いでしょう。
「こいつ仕事よりも遊びを優先するのか」ってなってしまう。

遊び中心に動いている人に見える。

自分もやりすぎたと反省せざるを得ません。
ここで突っぱねるのはやはりダメかなと思います。

あとは上司次第ですね。


上司が理解してくれれば良いですが、
理解してくれなかった場合の損失が大きい。

そこで自分のプライドの為、

「スロ偏見反対論」をここで持ち出して戦う労力とリスクと対価が見合ってないです。


上司との関係を危うくしてまで
「いえ、それは偏見です。打ちに行きます」
と、意地を張るか。



それは否です。

それも仕事の為です。


この日の期待値がいくらかあったとして、
上司に嫌われたら評価が下がります。
同僚にも引かれます。
仕事が無くなります。それはかなりデカイ損失です。

有休で何しようが勝手だとは思うし、
理解してくれない事は良いと思ってませんが、合わせるのが得策です。

時には僕も上司に嫌われること覚悟でいろいろ訴えることはありますが、
それは仕事がうまくいくようにするためです。
遊びの為ではありません。

今回のようなパターンで、反発しちゃうと、もはや娯楽の範囲を超えています。


纏めると、遊びとしての範囲で胸を張って楽しくやればいい。
っていうのが僕の答えです。



はき違えないで頂きたい。


スロは遊びです。



遊びの範疇を超え、
色々なトラブルが起こるから胸を張れない訳です。

それはこの前の記事でもいっぱい反論貰って、
受け入れるべき事実だととらえてます。


それでも僕は後悔しなが打つ人を減らしたい。


だから、健全に付き合う道を追求し、
楽しいこと、面白いことを考えるのが僕の命題。



とはいえ、

そもそも僕としては「私用で休暇」の時の休む内容を聞くこと自体を僕は
やめて欲しいですけどね。

説明できない休みなんていっぱいあるので。

言いたくない病気にかかった。(心の病気とか性病とかね)
転職活動してる。
子供が喧嘩して向こうの両親に謝りに行くとかいう複雑な人も居るでしょう。

まぁだから、
僕の中では

別に仕事もうまくいっているし休んでいっか

で完結していたわけですが、

上司に「ダメだ」と言われたらそれまでなわけです。




説明これでいいかな?