ダウンロード (1)



会話って難しいですよね。

友達とかならともかく、
そうじゃない相手となると場を盛り上げたいと思っても、なかなか面白い話が出来なくて悩むことがあります。

30にもなってな。

あーどうしよう。
今日も天気の話しかできねえって

最近仕事でお外の人と話していて、ちっとも自分が面白い話ができない、
聞き出せない自分にちょっと嫌気がさしました。

対してむこうの営業マンの方は優秀で、
僕がパチスロ好きな事を知ってくれていて、いろんなことを質問してくれます。

気が付けば僕は気持ちよくなってペラペラしゃべってしまいます。

後から思えば、きっとその営業マンは会う前に僕や上司の事を調べ、
相手の趣味や趣向を知り、どうやったら商談に乗ってくれるか考えてきたのかもしれません。

そりゃあ、話も面白くて上司も向こうの取引に応じてしまうわけです。

そんな話上手な大人を尊敬しますね。

だから外部の人と世間話になった時、
おんなじ趣味の人だとホッとしますね。

最近見た映画がおんなじだったとかでもいいですね。

しかしですね。

相手もパチスロ・パチンコが好きだった場合。

おんなじ趣味のハズなんですが、
逆にダメなんですわこれが・・・。

同じ趣味にもかかわらず、
人によって価値観やパチに対しての接し方が違いすぎます。

「AKKYさんパチスロ好きなんですねえ!私、ジャグラーはオスイチがよく当たるから1000円づつカニ歩いててそれで勝ってます!」

こんな風に、仕事はめちゃくちゃ出来るのに、ハイパーオカルト理論を超真顔で言われてなんて答えていいか困る、なんてことが普通にあります。

職場でパチンコ・パチスロやる人も居ますが、大体月に数回会社帰りにちょっと打つ程度です。

そして多分、世間的にはそれくらいの付き合い方の人のほうが多いんだと思います。

そりゃそうだ。

真面目に勉強し、仕事をこなしていたら、僕のようなパチンカスにはなりません。

仕事の場面でパチスロについて僕と同じ目線で話せる人はあんまりいないのです。
悪い意味で。

なので、
同じパチスロ好きだったと分かった瞬間踏み込まない方が良いとすら思いますね。

下手なことを言うと相手を傷つけることになります。

僕のブログ読んでいる人は、
どちらかというとヘビーユーザーが多いと思うので、
書いてる事は何となくでも分かってくれる人の方が多いとは思います。

それでも価値観は人それぞれ違うと思います。

そして僕自身も20代の時と価値観が変わった部分もあります。

前置きがクソ長かったんですが、
今日書きたいのは僕の口下手な話じゃなくて、
パチスロやお金に対する価値観の話です。


-----------------
ガチ勢筆頭、ごんざ師匠とこんな話をしていました。

Q.自分がマジで打ちたくないくらい嫌いな台がもし6だったら打つ?



僕の場合、基本的には自分が今日一番打ちたい台よりも、一番勝てそうな台を僕は優先します。
しかし、どうしても好きじゃない台。


ごめんなさい、はっきり言いますわ。

ジャグラーだったら打たないかもです。

特に最近。

これめっちゃ批判喰らいそうなんですが、実際そうです。

ちょっと前の記事のように、連れ打ちなどの+αの楽しみ要素があれば打てるのですが、

ジャグラーであんまりいい思いをしていなくて最近特に打ちたくないです。

ディスり過ぎて申し訳ないのですが、
短時間だったら楽しく打てるんですけどね。ジャグラーも。

1日打つのが辛いってだけです。

僕ほどジャグラー好きじゃない人もあんまりいないと思うので、
自分が嫌いな台があったらそれを頭に浮かべて読んでいってください。

嫌いな台が思いつかないという人は、
聖闘士星矢の通常時だけ回していたら1日に5万円もらえる仕事でも想像してみてください。

BlogPaint



要するに自分があんまり楽しいと思ってない事で一日使ってお金がもらえるならやるかって話です。

ちなみに師匠ごんざさんは、
「打つ」といっておりました。

僕も昔だったら打ってました。
好き嫌い関係なしにお金にはなるから。

じゃあ今はお金が欲しくなくなったのか。と言ったらそれも超大嘘です。

勝ちたいしお金欲しいです。

しかし、それがジャグラーくらいの割、2500枚くらい一日勝てるとして。
楽しいわけでもなく、出玉以外に得るものがないとしたら、一日を潰すにはちょっと物足りなく感じてしまいます。

仕事するか、5万勝てるクソ台選べと言われたら仕事すると思います。

「お前、一日で5万稼げる仕事してるのか」って言ったら、全然なのですが。

僕の場合、設定狙いや勝ちを目指して打っている事には打っているのですが、ガチになり切れない中途半端なわけです。

一方、ごんざさんの場合シビアに期待値を追います。
そこがパチスロで一番価値を感じている部分だし、最大の醍醐味だと思っているわけです。
その台が面白いかどうかは下のレイヤーになります。

だからこそ、生粋のガチ勢になれるわけです。
身の程をわきまえれば貴重な5万はとるべきというのは賢明でしょう。

僕はごんざさんほどふり切れなかったのです。

しかし、5000枚出るなら打つと思います。

仕事をしてないで毎日我慢すれば5万稼げる状況なら...これも少し気持ちが揺れますね。
月の半分くらいは打つかもしれません。

どっちにしろ生活できるお金だけは確保し、残りの時間で好きなことするという事になると思います。

僕は最近は週一くらいしか一日打つことはないですが(それでも十分だとは思うけど)、
それが打ちたくない台を一日打つ事になったらちょっと嫌ですね。

あとは、クソ台を打つ事に自分なりに価値、意味を見出せるなら打つと思います。
今の自分で言えば、「打つ事でブログのネタになる」というのも一つのモチベーションではあります。



もう一つ、例をあげさせてください。

2日後死ぬ運命だったとします。
ご飯が食べれる程度のお金しか持っていません。
そこに、確実に設定6が打てる店があったとします。

お金がなければ打てないハズですがそこは置いておいて。

打ちにいきますか?

僕だったら・・・。
結婚して無ければもしかしたら1日は打ちに行くかもしれません。

パチスロをひとしきり楽しんで、
次の日はその勝ったお金を使い、うまいメシ食って酒飲んで人生最後の日を謳歌するかもしれません。

家族にはガッカリされると思いますが、好きな事をやり切って満足して死ぬかもしれません。

好きじゃない台しか打てないっていう条件があったら打ちません。

っていう事を考えると。
死ぬまでの間2日間、クソ台だろうが打つし、文字通り死んでもお金が欲しいっていう人は流石にいないと思います。

極端な話でしたが、
一日潰してお金を得るってことは、
究極「寿命を一日縮めてお金にする」という事になりませんかね。

更に言えば、老後の後ろの方から一日づつ寿命が減ってるのではなくて、
今この元気ななんでも出来る肉体を持っている時間から寿命を削ってることになりませんかね。

ならば、
お金を稼いでいる時間も出来ることなら楽しくありたいし、つまらない時間は減らしたいというのが僕の価値観ですね。

そんなに時間が貴重だと思うなら遊んでないでタメになる事をしたらいい。
って思う人もいるかもしれないですが。
僕としてはタメになるかよりも、自分が楽しいか、幸せかの方が重要かもしれません。

ハイパー綺麗事ですけどね。
そんなの出来るならだれでもやってるわ!
って話です。

でも、その為に努力してもいいかなとは思ってます。

じゃあお前何を目指してるの?
って言われそうなんですが、楽しけりゃなんでもいいです。

拘りないです。

拘りなさ過ぎて何も極めてないです。

なにも極めてないですが、今現在そこそこには楽しいです。

パチスロ打つのも楽しいし、仕事も嫌いではないです。

ブログを書くのも楽しいです。

さっきから「楽しい」って何かって話なんですが。
上手く説明できませんね。

細かく書かなきゃ伝わらない事を一行で済ませて良いなら、
誰かしらがいるお陰で自分は楽しい。
と考えるようになりました。

いよいよクサそうな事書きました。

なんか持論ごり押しみたいでキモくなってきたので、
この辺にしておきます。

「自分はこうだな~」って
コメントお待ちしております。


PUSHは押すとめちゃくちゃヒキ強くなりますマジで

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ






パチスロ動画・コラム
1game_banner_org

パチスロサイト【1GAME】

【ニコニコミュニティ】1GAME


youtubeチャンネル「1GAME TV」